Non-Commercial RenderManのインストール

数々の3DCGアニメーションを世に送り出してきたPixar Animation Studio(ピクサー)の内製レンダリングエンジン「RenderMan(レンダーマン)」の非商用版がついにリリースされました。 ちょっと前までは個人で使える額ではなかったのですが、非商用に限り自由に使えるようになりました。商用利用できるバージョンも5万円程度になったのでとんでもなく安くなりました。 非商用にしてユーザ数を増やすことで市場を拡大しようという戦略なのでしょうか?RenderManはレンダリングエンジンなので、モデリングとかはできません。RenderManを使うにはAutodeskが販売しているMayaが必要です(2015/7/11追記:PRMan For Blenderアドオンを使用してBlenderからRenderManを利用する場合はMayaは必要ありません 関連記事:BlenderからRenderManを利用する)。3DCGの分野では、同社の3dsMaxと勢力を二分する3DCGソフトのデファクトスタンダードに近いソフトなのですが、コレが高い…学生であれば、Autodesk educationに所属先などを登録すればAutodeskのソフトウェア全てを在学中に限り無償利用できます。まずはMayaをインストールしてください。RenderMan自体はRIBという3DCGのシーンを記述したファイルを読み込んで画像として出力するシステムなので、人力でRIBを書いていけばMayaは一切必要ないのですがさすがに限界があります。単純なオブジェクトぐらいだったらMayaを使わずともRIBを書くことは可能だと思います。Maya用のRenderManプラグインを利用することで、MayaからRenderManをコントロールできるようになります。
Mayaを使わずスタンドアローンでRenderManを実行する場合は以下のドキュメントの通りにすれば動きます。
https://community.renderman.pixar.com/article/293/using-renderman-without-maya.html

現在はCinema4DとHoudiniに対応させる予定のようですが、いつになるのかは不明です・・・Potentialと書いてあるので将来的には3dsMaxやModo、Lightwave、Blenderにも対応する予定なのか?Blenderに対応してくれるとありがたいのですがね…

RENDERMANのダウンロード

Get RenderMan
http://rendermansite.pixar.com/view/get-renderman
からインストーラを入手します。
「NEXT」をクリックしていきます。
Step1でまずはRendermanフォーラムに登録する必要があります。ライセンス管理もフォーラムのIDを利用するので登録は必須です。Create a RenderMan Forums Accountをクリックして登録します。
Age Verification
スクリーンショット 2015-03-24 7.29.39
年齢確認です。2002年3月23日以前(On or Before Mar-23-2002)に生まれたか2002年3月23日以降(On or After Mar-23-2002)に生まれたかだけです。自分の年齢に応じてクリックしてください。おそらく、アメリカの13歳以下の個人情報を守るためのガイドライン”Children’s Online Privacy Protection Act”に対応するための質問でしょう。
Guidelines & Rules
RenderManフォーラムの利用規約が書いてあります。読んだらAgreeをおしましょう。
Registration
ユーザ情報を入力する欄です。全ての情報を入力する必要はありません。必須の項目だけ書いておきます。
User Name: ユーザ名。これがライセンス管理やフォーラム上でのIDとして使われます。
Password:パスワード。忘れないように注意。
Email: メールアドレス。登録確認のメールが届くのでこれも必要です。
Image Verfication: ここも入力しないと次へいけません。
—————————–
ここまでは必須情報。その下は書きたくなければ書く必要ありません。
Homepage: ホームページ。自身のサイトがあれば。
Biography:自分の経歴
Location:どこに住んでいるか。Japanと書いておけば十分。
Interests: 趣味とか
Occupation: 職業
—————————–
Preferences以下の項目はよく読んで設定する必要があります。
Signature: フォーラムに投稿したときに署名を付ける場合のサイン
Allow Forum Moderators To Send You Email Notices?:フォーラムからのメールを許可するか
Invisible Mode?:ここを”yes”にするとログインユーザリストから見えなくなります。
Hide Email Address?:”yes”にすると他のユーザからはあなたのメールアドレスが表示されなくなります。議論する予定がないならyesを選択しておいたほうがよいかもしれない。

登録はこれくらいです。必要事項が入力できたら登録完了です。
登録確認のメールが来るので、確認のリンクをクリックしたらIDが使えるようになります。

インストーラのダウンロード

スクリーンショット 2015-03-24 7.48.04
DOWNLOAD INSTALLERをクリックすると使用しているOSにあわせたインストーラがダウンロードされます。インストール時にRenderManがダウンロードされるので、ここでのダウンロード容量は少ないです。ここではMac版をダウンロードしていますが、他のOSでも大体は同じはず。スクリーンショット 2015-03-24 7.07.52
NEXTをクリック
スクリーンショット 2015-03-24 7.08.03
ユーザIDとパスワードを入力
スクリーンショット 2015-03-24 7.08.12
インストールされているMayaのバージョンに合わせて必要なRenderManが自動で選択されます。RenderManを利用するにはMayaが必要なので、先にMayaをインストールしてください。
スクリーンショット 2015-03-24 7.21.57
RenderManダウンロード中・・・
ここで本体をダウンロードします。しばらく放置。
スクリーンショット 2015-03-24 7.50.40
インストール成功。これでRenderManが使えるようになりました。

Pixarがビデオチュートリアルなどを用意してくれているので使い方はそこで学びましょう
http://renderman.pixar.com/view/documentation

広告

コメントを残す(連絡がとれるメールアドレスをメールアドレス欄に入力していただければ内容によっては直接メールアドレス宛に返信します)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中