君のこころは輝いてるかい?


Aqoursのデビューシングル『君のこころは輝いてるかい?』の視聴動画が公開されましたね。

作曲は 光増ハジメさん。First Call Music所属の作曲家ですね。LantisレーベルでCDをだしているSCREEN modeが所属している会社ですのでそのつながりだったり?編曲のEFFYさんもFirst Call Music所属みたいですね。作詞はμ’sから引き続き畑亜貴さんです。やはりこの方の作詞スキルは異常。
スクリーンショット 2015-09-09 12.05.16
初めて歌詞の聴き取りをしてみましたが難しい。なんとか書き切りました。畑さんならこんな感じで書きそうという想像で文字にしてますので表現の正確さはわかりません。

曲調はAqours(まだ綴りを覚えられない…)のデビューを飾るのにふさわしい王道アイドルソング。アイドルソング定番のPPPHがいれられるようになってます。聞いているだけで楽しくなりますね。「ワッショイ!トキメキ All right!」と「Oh yes! ドキドキ Sun Shine」のコールも想像するだけで楽しそうです。大サビにはいる前にあるであろうギターソロがどんなふうになるかも楽しみ。

「今未来変えてみたくなった」という「夢に気づいたばかり」で歌詞もまさにデビュー曲。「望むことなら叶うんだと証明してみるんだ」というのはμ’sでの「叶え!私たちの夢」に近いものがありますね。さて、彼女たちはなにを望むのでしょうか?「この出会いがみんなを変えるかな」というのは今まで接点がなかったメンバー達が出会ったことで自分たち自身が変わること、または音ノ木坂の廃校が撤回された事のように周囲からの見方が変わるということでしょうか。サンシャインというタイトルに関連してか「僕らの夢」を「きょうも太陽は照らしてる」ようです。
Oh yes! ドキドキ Sun Shine!!でプロジェクトのタイトルにもなっている「サンシャイン」というワードをいれてきます。表記はもしかしたら”DOKI DOKI”とかにしてくるかもしれませんね。

PV

ラブライブ!の特徴は作画と3DCGを組み合わせてつくられたPVです。今回のPV監督はラブライブ!1期2期で演出や絵コンテを担当されていた酒井和男さんです。劇場版の演出に名前がないのはおそらく映画製作と同時進行で動いていたであろうAqoursの企画に関わっていたからだと思います。μ’sの1stシングルから監督をしていた京極監督は劇場版で忙しかったため関わっていないのでしょう。作画パートはサンライズ、モーションキャプチャは今までのパターンだと東映のツークン研究所(TVアニメと劇場版のモーションキャプチャも担当)でしょうか?3DCG製作会社は今の段階ではわかりませんが、クオリティも高く安心しました。視聴動画で確認できる範囲では3DCGパートにダイナミックなカメラワークはないですね。ステージを客席側からドリー(平行移動)しながらパン(回転)という音楽番組でよくあるカメラワークです。一部はクレーンカメラを使う必要がありますが現実世界で再現可能なカメラワークです。

ポータルサイト

曲が公開されただけでなく今までの公式サイト(http://lovelive-anime.jp/)がポータルサイトに変更されμ’s, Aqours, スクフェスのそれぞれのページへのリンクがでてきます。このページの背景は音ノ木坂かと思いますがそのうち浦の星女学院に変わってたりして・・・。
各ページは http://lovelive-anime.jp/otonokizaka/http://lovelive-anime.jp/uranohoshi/ で学校名になってますね。
スクリーンショット 2015-09-09 12.16.23

スクリーンショット 2015-09-09 12.22.44
twitterアカウントのアイコンも変更されました。今までは2期1巻の表紙でしたが、ラブライブ!のロゴになりました。サンシャインの情報も一括でこのアカウントから発信していくようですね。この時点ですでに49万人のフォロワーがいるので新しくアカウントを作って誘導するよりは統合アカウントにしてすでにいるμ’sファンに向けて発信する方がはるかに効率良く宣伝できるので妥当な判断です。μ’sとAqours両方のファンになってもらう、またはAqoursへ移動させていくのがこのプロジェクトの成功の鍵を握っていると言ってもいいでしょう。しかし、アイコンが目立たなくなってしまったのが残念。

発売記念イベント?

視聴動画さらっと「発売記念イベントに応募できるシリアルナンバー入り」と書いてありますね。ここでキャスト9人による『君のこころは輝いているかい?』の初披露があるのでしょう。もしかして次の展開の発表があったり?おそらく都内ですがキャパシティがどれくらいになるのか。まぁキャパシティがどれくらいであろうが倍率高杉なのは確定でしょう。

Aqoursの第一歩

μ’sというシンデレラストーリーを魅せてくれたグループの後ろを追っていくことになりますがはたしてAqoursたちはどんなストーリーを魅せてくれるのか。こちらも楽しみにしています。


広告

コメントを残す(連絡がとれるメールアドレスをメールアドレス欄に入力していただければ内容によっては直接メールアドレス宛に返信します)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中