Blenderで透過テクスチャの影をだす

板ポリに透過テクスチャを貼り付けて遠景の木をつくるのはよく使われる手法ですが、設定をしてやらないとポリゴンの形をした影がでてしまいます。

君のこころは輝いてるかい?ステージでは背景に桜の木を板ポリ+透過テクスチャで配置しています。レンダリング前だとこのように板ポリが表示されるだけです。

untitled板ポリにマテリアルとテクスチャを適用して設定を変えずにレンダリングしてみると板ポリに木のテクスチャが張られた画像がレンダリングされます。

untitled1

板ポリのマテリアルを選択して「Transparency」のAlphaを0にします。

スクリーンショット 2015-11-30 17.11.11すると板ポリが透明化させることができます。しかし、これでは影がうつるだけで桜の木が見えません。

untitled2テクスチャのアルファチャネル(透過度)を指定してやります。板ポリのテクスチャを選択して「Influence」の「Alpha」にチェックを入れ値を1にします。

スクリーンショット 2015-11-30 17.13.18テクスチャのアルファチャネルが利用されて板ポリがくりぬかれました。アルファチャネルが0の箇所は完全に見えなくなります。しかし、影は板ポリのままです。

untitled3

今度は影をうけるオブジェクト、今回の場合は地面のマテリアルを選択します。木のオブジェクトでは無い事に注意です。地面のマテリアルパネルの「Shadow」→「Receive Transparent」にチェックを入れます。

スクリーンショット 2015-11-30 17.17.24

すると影の形が透過テクスチャでくりぬかれた板ポリと同じになります。これで違和感のない影をつくることができました。

untitled4Receive Transparentは影をうけるオブジェクト全てに設定してやる必要があります。このように地面にはReceive Transparentを設定をしたけれど校舎に設定を忘れると不自然な影の形になってしまうので確認を忘れないようにしましょう。

untitled5

広告

コメントを残す(連絡がとれるメールアドレスをメールアドレス欄に入力していただければ内容によっては直接メールアドレス宛に返信します)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中