劇場版 響け!ユーフォニアム 感想

logo

劇場版 響け!ユーフォニアムを見てきたので感想を。

この作品は2016年秋から始まるTVアニメ『響け!ユーフォニアム』2期へと続くTVアニメ1期の総集編です。テレビアニメ1期の総集編なので、基本のストーリーは変わらないのですがとてもよくまとまっている総集編です。

総集編だけど物語の主人公は久美子

ストーリーは「吹奏楽の全国大会を目指す!」というとてもわかりやすいものです。TVアニメ同様予選を通過するところまでですが、劇場版という性質上、ストーリーの構成が劇場版では大きく違います。TVアニメでは吹奏楽部に所属する部員にも焦点があてられたストーリーがありましたが、劇場版では大筋のストーリーに大きく関係しないものはカットです。受験を理由に吹奏楽部をやめたあの子や夏紀先輩、部長の葛藤といったものは省略です。今の吹奏楽部の状態を作り出した原因でもある部員の大量退部といったことも詳しくは描かれていません。最初に劇場版を見ると「あれ?このひとは誰??」な状態になるかもしれませんね。劇場版は「久美子達が入学してからの吹奏楽部」を描くことに専念しています。「TVアニメ1期を全て見たけどちょっと内容を忘れかけてる」というようなひとにはぴったりな気もしました。

一線越えそうな麗奈と久美子

久美子と、もうひとりの主人公ともいえる高坂麗奈。劇場版ではこの2人の関係性を描いていると言ってもいいでしょう。ふたりの関係性に大きく変化が現れる夏祭りの夜にふたりで山に登り、トランペットとユーフォニアムで合奏をするシーン。そして予選会で演奏する曲のソロパートを決めるオーディションで「麗奈がソロパートではないと嫌だ」、とハッキリと麗奈に伝える久美子。TVアニメでは他の日常パートが多かったために百合のような成分が抑えられていたのでしょうか・・・?劇場版だと百合成分が強化されていたように感じました。

注目すべきは音

演奏中の作画も素晴らしいのですが、やはり音楽をテーマにした作品は良い音響で聞きたい。そんな思いを叶えてくれるのがこの作品です。実際に目の前で演奏が行われているような迫力のある演奏シーンでした。やはりテレビではこの迫力は表現できないですね。テレビの横にスピーカーを設置したい。そして演奏会に行きたくなった。

不満な点といえば、劇中最後の予選大会のシーンにてクライマックスと言える演奏シーンがあるのですが、途中で回想が入ったりと演奏がぶつ切れになっているのです。クライマックスの演奏シーンくらいは楽曲カットをせずにフルでやってほしかった。

フェードアウト/イン多すぎません?

TVアニメの重要ポイントをつなぎ合わせた作品ですので繋ぎが難しいのかもしれませんが、フェードアウト/フェードインがやたらとあったなと思いました。あとは人物を遠巻きに撮ってから空を映すようにパンして場面転換をする、この2つの手法が多いように感じました。

総集編ではあるけど楽しめた

総集編とはいえTVアニメ1期のストーリーを2時間以内にとてもうまくまとめている作品でした。演奏パートでこんなにも動くのかとTVアニメ1期で驚かされましたが、劇場の大画面で見ても素晴らしいクオリティです。そして音。この作品は「吹奏楽」という劇場の設備を生かすのにぴったりなテーマです。演奏パートだけを何回も繰り返し劇場でみたい。

劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』http://anime-eupho.com/

広告

コメントを残す(連絡がとれるメールアドレスをメールアドレス欄に入力していただければ内容によっては直接メールアドレス宛に返信します)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中