Blenderファイルをいじるとき

レイヤーとかの解説です。

blenderを起動するとウィンドウがでてきます。
スクリーンショット 2014-03-13 18.51.15
blenderのウィンドウの上記画像で赤いラインで囲まれている場所がレイヤーパネルです。
Photoshopなどの画像編集ソフトのようにblenderにも「レイヤー」という機能があります。

スクリーンショット 2014-03-13 20.23.41
レイヤーには説明しやすいように番号をつけておきます。
「レイヤー1」から「レイヤー20」まであり、オブジェクトをレイヤーごとにわけて配置することで効率よく管理をしたり特殊効果(コンポジット)を特定のレイヤーにかけたりできます。

音ノ木坂学院3Dモデルの場合は
レイヤー1 : 校舎本体
レイヤー2 : 学院外のオブジェクト
レイヤー3 : 校舎屋上柵
レイヤー4 : マンションっぽいなにか
レイヤー11 : カメラ
レイヤー16 : 照明
が配置されています。
上記以外のレイヤーにオブジェクトが配置されていても、それは製作途中でつかったなんらかのオブジェクトで必要ありません。
オブジェクトを別レイヤーに動かしたい場合は右クリックで動かしたいオブジェクトを選択し「M」キーを押すと「Move to Layer」というのがでてきますので、移動先のレイヤーを選択してください。複数のオブジェクトも同時に移動させることができます。複数選択はShiftキーを押しながら右クリック!

スクリーンショット 2014-03-13 18.51.27
レイヤー1

スクリーンショット 2014-03-13 18.51.32
レイヤー2

スクリーンショット 2014-03-13 18.51.36
レイヤー3

スクリーンショット 2014-03-13 18.51.42
レイヤー11と16
カメラ越しのスケールを確認するためにカメラが大量に配置されています

つづく…

広告

コメントを残す(連絡がとれるメールアドレスをメールアドレス欄に入力していただければ内容によっては直接メールアドレス宛に返信します)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中